ももとらサロン

新しい働き方を研究するマーケティングブログ

【Karigo】日本全国で住所が選べる最大規模のバーチャルオフィス【ネットショップ】

Karigoアイキャッチ画像

スモールビジネス研究家のももとらです。
今回は自宅でネットショップ運営を検討されている皆さんの強い味方、"バーチャルオフィスサービスKarigo"の魅力を分析し、Karigoがどんなタイプの方にマッチしているのかを解明していきます。

皆さんは、ネットショップ運営で氏名、住所、電話番号などを表示しなくてはならないことをご存じですか?

個人情報をネットに晒すって何か怖いですよね。

また、バーチャルオフィスを申し込むのであれば、しっかり希望の住所を確保したいですよね。

いずれも大丈夫です。

バーチャルオフィスサービスKarigoを活用すればこれらの問題をリーズナブルな予算で解決できます。

どうぞ、最後までご覧ください。

この記事の進行キャラクター

この連載の進行キャラクターです。

進行キャラクター解説画像

どうぞよろしくお願いいたします。

記事の信頼性

この記事は実務経験30年のプロマーケターで、広告代理店のマーケティング部長を務めた後、マーケティングサポート事業で起業し、スモールビジネスでサーフボードリペア工場を経営しているももとらが執筆しています。
マーケティングと社会科学の視点から客観的に起業を研究し、その成果をわかりやすいコンテンツにまとめて発信していきます。
起業に関する様々な情報、書籍、ノウハウやメソッド、各種サービスについて、しっかり分析・評価し、真に役立つ情報にしてお届けしていきます。

読者の声

スモールビジネスを始めてみたいサイです。最近、バーチャルオフィスの広告をよく見ますね。

スモールビジネスをやってるシカです。バーチャルオフィスのニーズが高まっているみたいですね。

スモールビジネスを研究しているももとらです。
このような市場の高まりを受けて、今回は日本全国で住所が選べる最大規模のバーチャルオフィスKarigoを解説します。

ネットショップ運営と特定商取引法に基づく表記について

ネットショップ運営で守らなくてはならない特定商取引法という法律があります。

www.no-trouble.caa.go.jp

特定商取引法をかんたんに解説すると、消費者トラブルが発生しやすい特定の商取引を対象にして、トラブルを防止し、消費者の利益を守るためのルールを定めている法律です。
訪問販売や勧誘行為、通信販売など消費者トラブルが生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールとクーリング・オフなど消費者を守るルールが定められています。

その中に「特定商取引法に基づく表記」というものがあります。
ネットショップの運営者は自分のWEBサイトに「特定商取引法に基づく表記」という必要事項を開示したページを用意しなくてはなりません。

そのページで書くべき項目は以下です。

・販売業者
・法人運営の場合は法人名、個人運営の場合は個人名
・運営統括責任者名
・法人は代表者名、個人は個人名
・本店(本社)の所在地、店舗がない場合は住所 
・商品代金以外の必要料金の説明
・送料、消費税、手数料など
・申込有効期限
・不良品の交換や、返金の条件
・販売数量の制限など
・引渡し時期
・お支払方法
・お支払期限
・返品期限

ネットショップを始めるのも大変ですよね。

名前やメールアドレスを表記するのはわかるけど、個人でネットショップを運営する場合は自宅でやるから、自宅の住所とか電話番号をネットに晒すことになりますよね。
怖~。

でも、法律ですから、ネットショップを運営する以上は守らないとまずいです。守らないと行政指導とか、事業者名の公示とか、最悪の場合が罰金とか懲役とか・・・。

じゃあ、ネットショップできないじゃん(泣)

でも大丈夫です。

ネットショップの運用において「特定商取引法に基づく表記」に使う住所とか電話番号をリーズナブルな料金で提供してくれるサービスがあります。
それがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスは事業用の住所を貸し出すサービスで、郵便物の受取・転送、電話やFAX番号も提供しています。 
仕事や打ち合わせができるワークスペースの提供もあります。

バーチャルオフィスを利用すれば、自宅の住所を公開せずにネットショップを運営したり、少ない経費でオフィスを構えてビジネスをすることができます。

日本全国で住所が選べる最大規模のバーチャルオフィス【Karigo】

それではさっそくKarigoのサービスについて解説していきましょう。

魅力①「選べるサービスメニューと多様なサービスの総合力の高さ」

Karigoのサービスメニューは3つのプランから選べる基本メニューとオプションメニューで構成されています。

<基本メニュー>
3つのサービスメニューから選べます

Karigoサービスメニュー解説画像

ニーズにあわせて選べるのは良いですね。

<オプションメニュー>

  • 会社設立手続きの登録代行サービス
  • 登記変更手続きの登録代行サービス貸し会議室
  • 会議スペース

魅力② 日本全国のエリアの一等地から好きな住所を選べる

Karigoのバーチャルオフィスは日本全国に53拠点もあります。

・東京都:24拠点
・北海道・東北・北陸:4拠点
・関東:10拠点
・甲信越・東海:3拠点
・近畿:4拠点
・中国・四国:3拠点
・九州・沖縄:3拠点
・海外:1拠点

ちなみに一等地ってどんなところですか?

はい。以下のチャートをご覧ください。

東京都にあるKarigoのバーチャルオフィス一覧

Karigoオフィス住所一覧東京解説画像

北海道・東北・北陸、関東、甲信越・東海にあるKarigoのバーチャルオフィス一覧

Karigoオフィス住所一覧東日本解説画像 近畿、中国・四国、九州・沖縄にあるKarigoのバーチャルオフィス一覧

Karigoオフィス住所一覧西日本

なるほど。良い場所ばかりですね。

テキサスもある~♪

これだけの規模で展開していて、すべて一等地の住所というのはかなり魅力的と言えます。「自分はどうしても一等地の住所が欲しい」という方はKarigoがおすすめです。

自分のビジネスのブランド力を高めることができますね。

魅力③ 延べ50,000社を超える取引実績を持っているので信頼できる
Karigoは2006年からバーチャルオフィスの運営事業を行っており、サービスの申し込みには厳格な審査を実施しています。
具体的には本人確認、住所確認、利用内容の確認を電話で実施しています。
Karigoにはトラブルがあった住所はありません。
ビジネスをするならお客様や取引先からの信頼を得ることが大事です。問題のある住所だと銀行口座開設にも影響してしまうことがあります。
また、反社勢力などとのトラブルを未然に防止することができます。

karigoを利用する際の注意点

Karigoの支払方法はToonesポイントを利用する必要があります。

【Karigo】はこんな方におすすめ

  • 全国のブランド力の高い一等地の住所をビジネスに利用したい方。
  • ネットショップを開業したいけど、店舗住所を自宅にはしたくない方。
  • 初期投資をできるだけ抑えて起業したい方。
  • スモールビジネスの起業や副業を考えている方やフリーランスの方。

上記に該当される方、ぜひKarigoをお試しください。

【Karigo】のお申込み方法

karigoのバーチャルオフィスは以下のバナーをクリックしてお申し込みください。karigo公式ページのトップに遷移します。オレンジ色のお申込みボタンからお進みください。

 

まとめ

さて、ここまでのkarigoのバーチャルオフィスサービスを分析し、サービスの魅力などを解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

ネットショップ運営はリスクを無くして安心して楽しみたいですからね。
早速、申し込んでみます。

karigoのスタッフの皆さんは真面目で顧客対応に熱心な人が揃っていますから、安心して申し込めると思います。

こちらからもお申込みができます。

さっそくチェックしてみます。

ももとらサロンではスモールビジネスに特化した役立つ情報や、マーケティング、WEBマーケティングのノウハウなどを発信しています。

記事を公開した際は「ももとらサロン」のツイッターでも発信しますので、ぜひフォローをお願いたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。