ももとらサロン

新しい働き方を研究するマーケティングブログ

ネットショップに最高の安心を【NAWABARIのバーチャルオフィスサービス】

NAWABARIバーチャルオフィスアイキャッチ画像

スモールビジネスの研究をしているマーケターのももとらです。

自宅でネットショップ運営をやってみようと考えていらっしゃる皆さん、ネットショップのWEBページに氏名、住所、電話番号を表示しないといけなくなったことをご存じですか?

個人情報をネットに晒すって何か嫌ですよね。
私もサーフボードをネットで販売していますのでそのお気持ちはよく分かります。
私は家族にその話をした途端に猛クレームを受け、自宅住所を記載した名刺を破棄させられた経験があります。

でも大丈夫。
世の中、捨てる神あれば拾う神ありです。
この問題の解決方法があります。

今回はネットショップなどのスモールビジネスに安心にできるようにするために「バーチャルオフィス」を開発したNAWABARIを分析します。
プロマーケターの視点からサービスを分析し、ベネフィットの本質にフォーカスしていきます。

どうぞ、最後までご覧ください。

進行キャラクター

この記事の進行キャラクターを紹介します。

進行キャラクター解説画像

どうぞよろしくお願いいたします。

記事の信頼性

この記事は実務経験30年のプロマーケターで、広告代理店の部長を務めた後、サーフボードリペアとマーケティングで起業し、スモールビジネスで何かおもしろいことを巻き起こしたいと日々研究にいそしんでいる「ももとら」が執筆しています。

筆者プロフィール解説画像

スモールビジネスに関心をお持ちの皆さんに向けて、マーケティングや社会心理学の視点から、多様なマネタイズモデルやノウハウ、有益なサービスや書籍などについて、しっかり分析評価し、真に役立つ情報としての付加価値を付けてお届けしていきます。

読者の声

スモールビジネスを始めてみたいサイです。そう言えば、最近よく「バーチャルオフィスサービス」をについて耳にしますね。

スモールビジネスでマーケティング起業したシカです。ネットやSNS上でも広告をたくさん見ますね。

この記事の講師のももです。
このような市場の高まりを受けて、今回は「バーチャルオフィスサービス」のパイオニア「NAWABARI」について分析します。

ネットショップ運営と特定商取引法に基づく表記について

ネットショップを運営する上で、守らなくてはならない「特定商取引法」という法律があります。

www.no-trouble.caa.go.jp

特定商取引法は、消費者トラブルが発生しやすい特定の商取引を対象として、トラブル防止と消費者の利益を守るためのルールを定めている法律です。

訪問販売、勧誘行為、通信販売など消費者トラブルが発生しやすい商取引を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフなどの消費者を守るルールを定めています。

その中に「特定商取引法に基づく表記」というものがあります。

ネットショップの運営者は自分のWEBサイトに「特定商取引法に基づく表記」という必要事項を開示したWEBページを用意しなくてはなりません。

そのWEBページで記載するべき項目は以下です。

・販売業者
・法人運営の場合は法人名、個人運営の場合は個人名
・運営統括責任者名
・法人は代表者名、個人は個人名
・所在地
・本店(本社)の所在地、店舗がない場合は住所 
・商品代金以外の必要料金の説明
・送料、消費税、手数料など
・申込有効期限
・不良品の交換や、返金の条件
・販売数量の制限など
・引渡し時期
・支払方法
・支払期限
・返品期限
・返品送料
・資格・免許(例:古物商、旅行業者代理業、酒類販売業)
・屋号またはサービス名
・電話番号
・メールアドレス

え~。ネットショップを始めるのも大変なんですね。

名前やメールアドレスを表記するのはわかるけど、個人でネットショップを運営する場合は自宅でやるから、自宅の住所とか電話番号をネットに晒すことになりますよね。
僕だったら無理かも・・・。

でも法律なんでネットショップ運営する以上は守らないとまずいことになりますよ。
行政指導とか、事業者名の公示とか、最悪の場合が罰金とか懲役とか・・・。

ひぇ~。
じゃあ、ネットショップできないじゃん(泣)

でも大丈夫。
「特定商取引法に基づく表記」に使う住所とか電話番号をリーズナブルな料金で提供してくれるサービスがあります。

あ、ひょっとして、それがNAWABARIのバーチャルオフィスサービスですか?

ご明察。
それではNAWABARIのバーチャルオフィスサービスについて分析していきましょう。

NAWABARIバーチャルオフィスサービスの歴史と市場の評価

バーチャルオフィスは事業用の住所を貸し出すサービスです。 
郵便物の受取・転送、電話やFAX番号も提供しています。 
バーチャルオフィスを利用すれば、自宅住所を公開せずに安心してネットショップを運営することができます。

そのバーチャルオフィスサービス業界において、NAWABARIは2014年からサービスを提供している業界のパイオニア企業です。

へぇ~。
長い事やっているんですね。

長くやっているからこそいろんなノウハウを持っいるみたいですね。
ユーザーからの評価も高いです。

NAWABARIは2020年のEC業界関係者が選ぶバーチャルオフィスサービスの第1位を獲得しています。
さらにネットショップ開設プラットフォームの最大手であるBASEとも提携しています。

それは安心できますね。

メディアにもたくさん取り上げられています。

NAWABARIメディア掲載事例解説画像

確か、テレビ東京で坂東工さんがやっているNAWABARIのCM見ましたよ。

ユーチューブもあります。

youtu.be

NAWABARIの美人スタッブと弁護士ユーチューバーの掛け合いモノですね。

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスのメリット

NAWABARIサービスメリット解説画像

NAWABARIは「ネットショップなどのスモールビジネスを安心して運営できるようなビジネス環境の創造」に取り組んでいます。
だからこそ、誰もが使いやすいリーズナブルな価格で、ユーザーのビジネスのクオリティを高めることに貢献し、安心して運用できる仕組みをこのサービスに盛り込んでいます。

  • 業界最安値980円(税別)/1か月
  • ブランド力の高い東京都の住所
  • 業界をリードする審査と管理品質がもたらす安全性
    NAWABARIでは上場企業水準の反社チェックツールを導入し厳格な審査を実施。審査時に過去に事件を起こしていたり、行政処分を受けているような個人や法人を洗い出し、サービスの利用を禁止しています。

類似サービスとの差異化ポイントは「顧客志向性の強さ」と「サービス品質へのこだわりの強さ」特に「安全性の高さ」です。

うん。安全って大事。

それではNAWABARIのバーチャルオフィスサービスの特長をひとつずつ分析していきましょう。

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの基本料金

まず基本料金です。
 

NAWABARIサービス基本料金解説画像上記のチャートは2022年2月末時点のNAWABARIバーチャルオフィスサービスの基本料金です。

料金プランは月払いと年払いの2種類から自由に選択できます。

まずお得感ですが以下の条件で業界最安値を実現しています。

年払いを選択した場合1か月換算で980円。
月払いの34%OFFです。

めちゃくちゃお得。

ただし年払いは途中解約できません。
また返金もできません。
よく検討してから選ぶようにしてください。
また最低利用期間は1か月からで短期のご利用も可能です。

なるほど。了解です。

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの支払方法

続いて支払方法です。

NAWABARIサービス支払方法解説画像
2022年2月末時点の支払方法はPayPal(ペイパル)のクレジットカード払い(デビッドカード払い)と、口座振替の2つから選べます。

口座振替は以下の金融機関に対応しています。

・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行

PayPal(ペイパル)についてはこちらをご確認ください。

www.paypal.com

僕はポインターなので断然クレジットカードです(笑)

相変わらずコツコツやってますね。
そういう人にお金が貯まるんですよね(笑)

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの基本メニュー

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの基本メニューは、下記の3つのメニューがサービス利用の権利として基本料金に含まれており、それがひとつのパッケージとして提供されています。

NAWABARIサービス解説画像

僕の場合は当面住所だけ使いたいんですね。
ダメ元でお聞きしますけど、住所貸以外のサービスを使わないことで割引してもらえたりするんでしょうか?

聞きにくい質問をありがとうございます。
ずいぶん頑張りましたね(笑)
お答えします。NGです(笑)

ですよね~(笑)

①    住所貸
サイ君のようにネットショップ運営で自宅の住所を使いたくない人はとても多いです。
むしろトラブルに巻き込まれる可能性を考えると、これからの時代はネットショップを運営するのなら、オフィスを賃貸するか、バーチャルオフィスサービスを利用するかのいずれかを選択することをおすすめします。
ネットショップ運営の場合、クレーマーが自宅まで押しかけて来るとか、ストーカー被害に巻き込まれるなどのリスクが避けられないケースもあり得ます。
特に女性やシニアは狙われやすいですから要注意です。

全国で事件が絶えませんもんね。

そもそもNAWABARIのバーチャルオフィスサービスのルーツはここにあるんです。

「安心してネットショップを運営できるようにしたい」というユーザーのニーズを受けて、NAWABARIはバーチャルオフィスサービス業界で初めて、消費者庁から文書で回答を得て、法的に問題がない方法を確認しながらこのサービスを開発しました。

また現在は消費者庁が出している特定商取引法の解説文の中に、ネットショップでバーチャルオフィスの住所を使うことを容認している趣旨の文言も明言されています。

このようにNAWABARは業界のパイオニアとしてバーチャルオフィスサービスを開拓してきた歴史を持っているので安心して利用することができます。

ちなみにネットショップ以外の利用用途もあります。

・新規の法人登記用の住所に利用する
・働き方改革でリモートに切り替え、オフィスを解約した会社の名刺などコーポレ 

 ート用の住所として利用する
・タレント、ユーチューバー、スポーツ選手など、ファンからのプレゼント受け取

 り住所として利用する
・都心のブランド力の高い住所を使ってビジネスをしたい


その他、アイデア次第で様々な利用方法が考えられます。

質問いいですか?
NAWABARIの個人情報保護ってどうなっていますか?

NAWABARIはPマーク(プライバシーマーク)の認証取得を受けています。
ですから、警察など公的機関からの命令や要請以外で、勝手にユーザーの個人情報を公開することは決してありません。

ですよね。安心しました。

②    郵便物転送
ユーザーが契約しているNAWABARIの住所に郵便物などが届いた場合に、以下の対応をします。

①NAWABARIからユーザーに郵便物などが届いていることを連絡する。
 同時に転送する場合の実費料金の支払フォームを送信する。
②必要な郵便物を選択し支払いフォームから支払手続きを行う。
 ※ユーザーが転送不要と判断したものや、保管期限切れのものは自動的廃棄。
③NAWABARIが支払いを確認した後、郵便物などの転送を実施する。
④ユーザーが郵便物を受け取る。

またまた、質問いいですか?
NAWABARIから僕のお客さん宛に直接転送してもらうことはできますか?

良い質問ですね(笑)
これはNGです。
なぜなら、NAWABARIはサイ君のお客さんの住所の居住確認をしていないことと、犯罪などのトラブル防止などの理由で対応していません。

そうか。
確かにそうですよね。
了解しました。

他にも以下のケースは対応できません。
事前にご確認ください。

・NAWABARIの住所での直接の荷物の引き取り
・NAWABARIが荷物を受領する前に無断で転送をかけること
・荷物を一定期間まとめて転送する、期日指定で転送するなどの個別対応
・事前連絡のない代金引換郵便や着払い荷物の受け取り
・現金書留の受け取り
・生き物、生もの、冷凍品の:受け取り
・ゆうパックで発想できないサイズの郵便物の受け取り
・異臭を放つものの受け取り
・その他、NAWABARIの業務に支障を与える物の受け取り

③    電話用件転送

NAWABARIバーチャルオフィスサービスの契約者全員で利用できる、共用電話番号の貸し出しと一次取次並びに取次内容の連絡をします。
(契約者の顧客からの電話の一次受付を行い、相手の氏名と用件をメールで連絡します。)

その他に別料金のオプションサービスがあります。

オプション-1 電話転送

ユーザー専用の03から始まる電話番号を発行
その電話に着信したら自分のスマートフォンなどのあらかじめ指定した電話番号に自動転送(留守番電話の設定も可能。)
自分のスマートフォンから相手に折り返し電話をかけた場合は、相手に通知される電話番号は03から始まる発行済みの電話番号(スマートフォンの電話番号は相手に表示されません。)

オプション-2 電話代行

ユーザー専用の050から始まる電話番号を発行
その電話に着信したらNAWABARIのオペレーターがユーザーに代行して一次取次を行う
相手の名前と折り返し先電話番号を確認し、ユーザーにメールで連絡します。
時間外は留守番電話の設定にすることや、営業時間外のアナウンストーキーを流すことも可能です。

オプション-3 インターネットFAX

オプション-4 登記サービス

電話がたくさんかかってきそうであればオプションに申し込んだ方が良いかもね。

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの申し込み方法

NAWABARIのバーチャルオフィスサービスの申し込みはこの記事の以下の大きなリンクバナーから行ってください。
画像全体がリンクボタンになってます。

申し込みの流れ

NAWABARのバーチャルオフィスサービスは以下の7つのステップで簡潔します。

①上記のリンクバナーをクリック(NAWABARIホームページTOPに遷移)
②NAWABARIホームページTOPを少しスクロールし、オレンジ色の「お申し込みはこちらから」ボタンを押して申込フォームに遷移し必要事項を投入する。投入が完了したら申込ボタンを押す。
 <投入事項>
 申込プラン、オプション、職業、氏名、連絡先、生年月日、住所、ショップ情 

 報、サービスの利用目的
③身分証明書の確認
④NAWABARIにて申込審査を実施
⑤NAWABARIからお客様のご自宅に転送不要郵便物を発送
⑥転送不要郵便物が到着したら開封し、そこに記載されているパスワードを

 NAWABARIの指定連絡先に電話し連絡

(指定連絡先は転送不要郵便物に記載されています。)
⑦NAWABARIのバーチャルオフィスサービスのご利用開始

その他必要書類などがある場合はサービス開始後にNAWABARIより説明があります。

申込もかんたんそうですね。

まとめ

さて、ここまでプロマーケターの視点でNAWABARIのバーチャルオフィスサービスを分析し、サービスのベネフィットや特長、そして申し込み方法について解説させていただきました。
いかがでしたでしょうか?

ネットショップ運営はリスクを無くして安心して楽しみたいですからね。
さっそく申し込んでみます。

NAWABARIのスタッフの皆さんは真面目で顧客対応に熱心な人が揃っていますから、安心して申し込めると思います。

下記のLINEの画像からもお申込みができますよ。

遊び心満載のバナーですね。

ももとらサロンではスモールビジネスに特化した役立つ情報や、マーケティング、WEBマーケティングのノウハウなどを発信しています。

記事を公開した際は「ももとらサロン」のツイッターでも発信しますので、ぜひフォローをお願いたします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。